Howscope

ITEM「ほしいキモチ」を刺激する、HowScopeアイテムレポート
2017-08-23

デザイン賞総なめ!
MOMA所蔵「カール・メルテンス」のカップはなぜ丸い?

お皿やグラスをはじめ、いろいろなことに使えて生活には欠かせない器。毎日のように使うものだから、ちょっとこだわった品を選んでみることで、暮らしはもしかしたら、ちょっとだけ楽しくなるのかも。お気に入りの器で囲む食卓や、さりげなくなにかを飾る時ふと目に入る器がステキだったらなら、それだけで特別な何かをプラスしてくれそう。そんな、暮らしを少し変えてくれそうな不思議な存在感のあるカップを見つけました。

少し傾いた様子の不思議なカップ

Carl Mertens(カール・メルテンス)社のデザイナーKatja HöltermannによってデザインされたBALANCE(バランスカップ)という名の品は、初めから少し傾いたその様子が少し不思議に見えてはしまいますが、その美しいデザインが評価され、数々のデザイン賞を獲得しているほどの名品なのです。
ドイツを代表する老舗のカトラリーメーカーCarl Mertens(カール・メルテンス)社は、製品作りにおいて伝統的な技術を持った熟練の職人によって製造され、特に研磨の行程は職人の手作業で行われているこだわりよう。
製品の材質は基本的にステンレスのみを使用し一般的な雑貨やカトラリーによく使われる18-8ステンレスに比べてニッケルを多く含み、腐食、錆びに強く、光沢があるのが特徴の最高クラスの18-10ステンレスを使用しています。

文字通り「バランス」のとれたカップ。

バランスカップは空の状態では横に傾き、飲み物を満たせば満たすほど垂直に立ち上がります。底が丸いので安定感が無く、本当に大丈夫かな?こぼれたりしないのかな?と、不安な気持ちなってしまうかも。でもご安心を。見事なまでにバランスをとり、飲み物が溢れる事はありません。その他にも特徴的なのが、バランスカップの構造。二重構造になっていて、温かい飲み物は温かく、冷たい飲み物は冷たく保つ事ができるのです。また、温かい飲み物を入れて持ってもその手に熱が伝わりにくい構造になっているという気配りもばっちり。おいしい温度をキープしながら、人にはやさしいカップなのも名品の魅力かも。

使い方はアイデア次第!

バランスカップは通常、お酒やカフェオレ、スープなどの飲み物を入れてカップとしてご使用いただくのを基本としながらも、その優れた材質とデザインから、様々なシーンでの活用ができそう。
例えば、アイスクリームやお菓子を食べる時のちょっとした「器」として、またはオブジェとしてのアクセサリー等の「小物入れ」に、さらには観葉植物の「鉢」としても実用的かつおしゃれに取り入れることも。使う人のアイデア次第で、様々なシーンにおいて活躍させてみてはいかがでしょう。

BALANCE バランスカップ Sサイズ 5,000円+TAX
BALANCE バランスカップ Mサイズ 6,500円+TAX
BALANCE バランスカップ Lサイズ 10,000円+TAX
BALANCE バランスカップ Sサイズ 2個セット 10,000円+TAX

最新記事