Howscope

HOW TO理想の暮らしを手に入れるための、学び
2017-03-10

新生活のはじまりは、住まいの整理整頓から
整理・収納のプロに密着!(1)

住まいで快適に過ごすために欠かすことができないのが、整理・収納です。
しかし、つい必要ないものが捨てられず、とにかく詰め込んでしまう収納スタイルになりがち。
そこで、今回は整理・収納のプロの現場に密着!
その極意を目の前で体験し、整理・収納のポイントを探っていきます。

密着させていただくのは、整理・収納のプロフェッショナルKUUKIの皆さま。
お客様からの様々な要望に、一緒になって家の中のモノと向き合っていきながら、気持ちのよい空間を作っていく女性らしい気遣いとサービスを大切にしているとのこと。

そして、整理・収納の依頼をしたのは、ご主人とお子様の3人で神奈川県藤沢市にお住いのYさん。

現在育児休暇中のYさんは、春から職場復帰をして共働きとなるそう。
家の中の整理整頓をし、新年度をスタートしたいという気持ちから、整理・収納のプロへの依頼を決めました。

-子供の成長にあわせた整理・収納を考える

Yさんが一番頭を悩ませているのは、お子様が成長し動き回れるようになったこと。普段使うモノも出しっ放しにできないため、よりよい収納方法を知りたいそう。プロの手によって、どう変わるのか見ていきましょう。

<まずは、事前カウンセリングが重要>

Yさんが依頼したのは、リビングルーム、ベッドルーム、キッチン、洗面所の整理・収納です。

KUUKIでは、まず2時間のカウンセリングを行い、部屋のサイズや荷物量、理想の暮らしのイメージをお客様と確認します。
いきなり作業をするのではなく、事前にカウンセリングすることが重要だそう。お客様と一緒に明確なプランを立てることで、当日は作業に集中して効率よく整理・収納を行なっていきます。
仕事の流れも、整理することが大事ということですね。
Yさんへのカウンセリングの結果は、以下のような提案となりました。

カウンセリング結果も、明確で分かりやすいので、後から考えていたことと違ったということも避けられますね!

<作業開始!色を統一、全体的にスッキリな印象に>

使用するアイテムはお部屋に合わせて白で統一。
全部で120を超えるアイテムを使い、統一性を持った収納を作り上げていきます。

さて、それでは早速、作業を見ていきましょう。
今回は7時間で部屋全体の整理・収納を行っていきます。

<作業に密着!>

1)クローゼット

ベッドルームにある2つの大きなクローゼットは、夫婦でそれぞれ使っています。今でも収まってはいますが、整理を行なって、さらに使いやすくなるよう、また全体的にスッキリとした印象を目指します。

beforeAfter

――分割して、作業する

まず初めに行うのが、クローゼットの上段、中段、下部に分割すること。
一度にまとめてモノを出してしまうと、挫折してしまいやすいので分割して作業することが大事だそう。

――お客さまと作業を進める

作業の間も、YさんとしっかりとコミュニケーションをとるKUUKIのスタッフさん。

使用頻度をYさんと確認しながら、不要なモノは捨てていきます。
なかなか捨てることができないお客様には、一般的な使用頻度の事例を伝えるなどをして、背中を押してあげることもあるそうです。

――色やアイテムの統一

清潔感のある白をベースにし、パズルのピースのよう見事にアイテムを組み合わせて、スッキリとした印象に仕上がりました。

上部には使用頻度の低いモノを置き、収納BOXを活用してまとめています。
収納BOXで統一することにより、見た目の印象はもちろん、取り出しやすさもUPしますね。

ハンガーも全て白に統一。
そして洋服を色やスタイルで分けることで、まるでお店のようにオシャレな雰囲気になりました。

こちらのクローゼット作業は、スタッフふたりで行い、約3時間で完了です。
(※作業時間は、スタッフの人数やクローゼットの状態などで変動します。)
色や形を統一した整理・収納は、見た目だけでなく、使いやすさもUPしました。
さらに今後自分で片付けをするときにも、どこにどうやって収納したら良いのか、ということも分かりやすくなりますね。

今回のプロ密着はここまで! 次回は、デスクやキッチン収納に密着していきます。 どうぞお楽しみに。

●関連記事
整理・収納のプロに密着!(2)
整理・収納のプロに密着!(3)

関連キーワード

最新記事