DSC00569
2018-02-23

揉み続けること5時間!自称“お茶バカ”農業男子、思わず“笑っ茶う”コミュニケーションで美味しさ倍増!?

SAHRE on

休むことなくひたすら手で揉み続ける「手揉み茶」をご存知だろうか。
1.5キロの茶葉からわずか300グラムしか出来ないという非常に貴重なお茶である。

驚くのはその時間である。
人肌くらいで温めながら絶妙な力加減で揉み続けること、なんと5時間!!

「お茶が好きで・・“お茶バカ”ですね(笑)好きじゃないとあんなもん絶対出来ないです。腰も痛くなるし。お茶農家でも作ってる人少ないですよ。でもね、自分の手からお茶が出来上がるって嬉しいんです。」

そう話す農業男子。お茶愛が伝わってくる満面の笑顔だ。

一般的に手揉み茶は10グラム1000円~3000円。
品評会で優勝したものでは1キロ100万円を超えると言われる。
その貴重な「手揉み茶」。今回、特別にいただくことができた。

茶葉に氷をのせて溶けだしたお茶をすする。何とも粋な飲み方である。

香りの豊かさとコクはもちろんのこと、特筆すべきはその甘さだ。
お茶ということを忘れてしまうほどだ。
美味しさに萌えている間に、お茶そのものの概念が変わってしまった。

これが職人技か。
農業男子の笑顔の向こう側を、探りたくなった。

続きはこちら

<記事提供>FARM PARK PROJECT

PHOTO GALLERY

SAHRE on

KEYWORDS

RELATED ARTICLE

“インスタ映え”なモヒカン農業体験で知る!農を暮らしとする価値とは?
東京から新規就農!若さと勢い溢れるジャニーズ系農家! 農業男子vol.2
9
元パティシエの織り成す、日本一美しい梨園。すべての可能性を調理する農業男子の、芸術的発想に迫る!
“農業嫌い”から“お米マニア”へ!実直すぎるお米作りに萌えキュンしちゃう農業男子
ベビーフェイスなしいたけ農家!山を守り、次世代へ繋ぐ情熱の山師。農業男子vol.3

RANKING

FEATURE

FOLLOW US最新情報をお届け!

RECOMMEND

0171_3

“農業嫌い”から“お米マニア”へ!実直すぎるお米作りに萌えキュンしちゃう農業男子