0167_写真5
2018-02-19

見える農家から“会える農家”へ!ニューヨーク帰りの農業男子がつくる、東京農業の、今。

SAHRE on

東京で、農業。
正直、イメージがわかないという人も多いだろう。

しかし“あえて”東京で農業を始めた農業男子がいるという。
東京の中心街から電車にゆられること1時間。

都会の喧騒が嘘みたいなのどかな場所に、その農場はあった。

東京・青梅にある【T.Y.FARM】
2.5haの畑でケール・ルッコラ・パクチーなど年間40~50種類の野菜が栽培されている。
野菜が実り、花が咲き、蝶が舞う畑。
「ここは東京なのか・・??」と疑ってしまうほどゆったりとした時間が流れている。
穏やかな空気に身を委ねていると、その農業男子が現れた。

あえて、東京で農業をする

「イメージはニューヨークです。ニューヨークって大都会なんですけど、実はちょっと外に出たら畑が広がっていて。ニューヨークって農業が遠いようで近い。だから地元の野菜もたくさん食べられるんですよ。」

爽やかな笑顔を見せる、野中さん。

「ニューヨークで出来るなら、東京で農業をやるって面白いんじゃないのかなって。
農業の存在を身近にしたいんです。物理的な距離でも。僕らの目指すのは“見える農家”の上をいく、“会える農家”なんです(笑)」

“見える農家”から、“会える農家”へ。

今回も面白い取材になりそうだ。
期待とときめきで胸をきゅんきゅんさせしながら、話を聞いた。

続きはこちら

<記事提供>FARM PARK PROJECT

PHOTO GALLERY

SAHRE on

KEYWORDS

RELATED ARTICLE

“農業嫌い”から“お米マニア”へ!実直すぎるお米作りに萌えキュンしちゃう農業男子
0180_5
東京から新規就農!若さと勢い溢れるジャニーズ系農家! 農業男子vol.2
元パティシエの織り成す、日本一美しい梨園。すべての可能性を調理する農業男子の、芸術的発想に迫る!
ベビーフェイスなしいたけ農家!山を守り、次世代へ繋ぐ情熱の山師。農業男子vol.3
0159-6

RANKING

FEATURE

FOLLOW US最新情報をお届け!

RECOMMEND

DSC00569

揉み続けること5時間!自称“お茶バカ”農業男子、思わず“笑っ茶う”コミュニケーションで美味しさ倍増!?