0166_本文2
2018-02-16

元パティシエの織り成す、日本一美しい梨園。すべての可能性を調理する農業男子の、芸術的発想に迫る!

SAHRE on

【日本一美しい梨園】と言っても過言ではないだろう。
タテ・ヨコ・ナナメ、どこから眺めても完璧である。

「この梨園はケーキ屋さんのショーケースと同じ。ケーキって一つ一つ手作りだけど、どれも同じように美しく芸術的に作られていますよね。そのイメージをこの梨園で表現したかったんです。」

そう話しながら颯爽と現れた、パティシエ姿の農業男子。

「パティシエだったのはもう何年も前のことなので、コスプレみたいになってませんか?(笑)」

照れくさそうに笑う姿に、早くも萌え。(*∩´∀`)∩

元パティシエの農業男子・實川勝之さん。
その美意識の高さ、発想の源流はどこにあるのか。
話を聞いた。

出荷するほど赤字になる・・こんな農業は、嫌だ

専門学校を卒業し、県内のケーキ店へ就職。
「職人に憧れていたんです。腕一本でのし上がれる世界への憧れがあって。」
パティシエとしてケーキ店に勤めていた實川さんが実家に戻ったのは21歳の時。
父親のケガがきっかけだった。

「落ち着いたらケーキ屋さんに戻ろうと思っていたんですけど、農業面白いなって改めて感じて。ゼロからモノを生み出す過程ってとてもやりごたえがあるんです。」

実家に戻ったその年、實川さんは驚くべき光景を目にする。

続きはこちら

<記事提供>FARM PARK PROJECT

PHOTO GALLERY

SAHRE on

KEYWORDS

RELATED ARTICLE

「あ、これ、好きかも」直感を信じて農業の道へ。木更津の農業男子が語る未来とは?
見える農家から“会える農家”へ!ニューヨーク帰りの農業男子がつくる、東京農業の、今。
東京から新規就農!若さと勢い溢れるジャニーズ系農家! 農業男子vol.2
ベビーフェイスなしいたけ農家!山を守り、次世代へ繋ぐ情熱の山師。農業男子vol.3
0159-6
9

RANKING

FEATURE

FOLLOW US最新情報をお届け!

RECOMMEND

0167_写真5

見える農家から“会える農家”へ!ニューヨーク帰りの農業男子がつくる、東京農業の、今。