airmax_00
2017-08-18

さすがのatmos!
エレファント柄デザインでAIR MAX 1コンペ世界1位!?

SAHRE on

エアマックスにあこがれた我々の世代とスニーカー

周りを見渡して人々の足元を見る。明らかにスニーカーの人が多く需要は年々上がり続けているように思うのは、現代のライフスタイルがそうさせているのだろうか?
スニーカーは奥が深い。スポーツでの使用はもちろんのこと、ファッションシーンにおいても、様々なスタイルを足元から引き締めてくれるアイテムにもなりうる。
特に、NIKEの「エアマックス」は、私たちが若かりし頃(※筆者アラフォー)は、イケてるバスケ部や海外のスター選手、はたまた悪名高き「エアマックス狩り」という事実を通して、かなりあこがれの強い世代。エアマックスという単語を目にするだけで、その文章を読んでしまう節すらある。(※個人的感想)筆者的には、エアマックスを通じて、スニーカーは枠を越えた、ひとつのカルチャーであると言っても言い過ぎではないかもしれない。とすら思っている。
さて、そのエアマックスが、30周年を迎える。

30周年の節目である2017年に復刻されたもの

昨年2016年、「Air Max Day」 の期間中に開催されたVOTE BACKと呼ばれる、エアマックスが30周年となる2017年の節目に復刻されるシューズを世界中で参加し選ぶ人気投票が行われた。

100足にも及ぶ屈指の人気モデルが候補に挙がっていたにも関わらず、なんと、選ばれたのは日本のデザインであった!並ぶ競合を抜き、トップに躍り出たのは、日本のスニーカーシーンの常に最先端を走る「atmos」のショップが2006年にデザインしていたモデルだったのだ!3月に発売し即日完売。それが今や手に入ることがない「NIKE AIR MAX 1 ATMOS ELEPHANT」である。日本に生きる者として、そしてスニーカーを、NIKIを愛する者として、震えるような事実ではないか。

ベースとなった“NIKE SPORTSWEAR” 「NIKE AIR MAX 1 PREMIUM」

1987年3月26日にランニングシューズとして、世界で初めてビジブルエアを搭載。スニーカーのミッドソールにエアバッグを見る事が出来る窓が搭載された初のモデル”NIKE AIR MAX 1”が発売され、爆発的な人気を誇った。特に1995年に発売された通称「エアマックス95」は爆発的に売れ、数多くの偽物の流通や前述の「エアマックス狩り」が起こるなど、当時スニーカーとは無縁の方々にまでニュースとして知られるほどの社会現象とまでなった。それほどまでに、エアマックスに魅了されていく人間が数多く存在したということだろう。

スニーカーショップatmos

SHOP名である“atmos(アトモス)”は、atmosphere(大気)から由来し、大気のようにそこにあって当然のようなSHOPでありたい。とのコンセプトを掲げている。“atmos”は、2000年、東京・原宿にヘッドショップをオープンした。ファッションとしてのスニーカーをテーマに、店内はスニーカーウォールを設置。ナショナルブランドとのコラボレーションやエクスクルーシブモデルをはじめ、最新プロダクトのテストローンチやマーケティングなど、東京のスニーカーカルチャーを世界に向けて発信し続けている。

たくさん歩く現代にかかせないスニーカーには、時代を作ってきたストーリーがあると思う。
履いて歩く私たちの人生とリンクし、明日は何を履こう?と、新しい明日を共に歩み出すアイテムなのではないかと思う。
さあ、玄関にある靴箱を除いて、お気に入りのスニーカーで出かけてみようじゃないか。あの頃手に入らなかったエアマックス、今こそGETしてみたいと思うのは私だけではないはずだ。

atmos
TEL: 03-6427-6366
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-23-2
URL : http://www.atmos-tokyo.com/

PHOTO GALLERY

SAHRE on

KEYWORDS

RELATED ARTICLE

新しいのに懐かしい!?<br />岡山「NAPRON」のタウンユースできるワークウェアとは?
アウトドアでもオシャレを楽しみたい人必見!<br />今すぐPickup Factory&Storeをのぞいてみよう!
ワンランク上の自転車ライフ<br />スペシャルなLEADER BIKES
porter_01
広々とした生活空間を求めた、新しい都市型ルームシェア。
トートバッグの新定番!世界中で注目の日本製タケヤリ帆布バッグ「gaff(ガフ)」

RANKING

FEATURE

FOLLOW US最新情報をお届け!

RECOMMEND

balanse_011

デザイン賞総なめ!MOMA所蔵「カール・メルテンス」のカップはなぜ丸い?