ikura01
2017-10-31

絵画と共に夫婦で暮らす。
伊倉真理恵氏のカーテンライブペインティング

SAHRE on



アーティスト伊倉真理恵氏による縦2100×横3800mmの大きなアート作品

家主:N夫妻 兵庫県三田市在住
アーティスト:伊倉真理恵 Marie Ikura http://marieikura.com/
国内外で、壁画・ライブペイント・映画への絵画提供などの活動を行う。
「着て歩くアート」をコンセプトに着物や衣服へのペイント作品も発表している

中古マンションを購入し、兵庫県篠山市から兵庫県三田に移り住んだN夫妻。リノベーション計画のなかで二人が選んだことのひとつが、間仕切りカーテンいっぱいにアートを描くことだった。壁掛けの絵を飾る、とはひと味違う空間づくりへの想いをインタビューした。

長年の夢が叶ったカーテンいっぱいのアート

――カーテンにアートを描こうと思い付いたきっかけは?

もともと(絵画を描いてくれた)伊倉ちゃんは友人で、彼女の描く壁画がとても好きだったんです。いつか自分の家にも描いてもらえたらいいなと思っていたんですが、以前は賃貸物件に住んでいたので壁に描いてもらうのは難しく。ただその時に、カーテンなら付け替えられる!と思い付いて、彼女にカーテンにも描けるかを相談していたんです。それで今回、中古マンションでいい物件を見つけたので購入することになり、リビングと寝室との間仕切りをカーテンにすることにしたので、改めてお願いしました。快く引き受けてくれて、リノベーション完成の直前に、現場でライブペインティングをしてもらいました。

――具体的に伊倉さんにどんなオーダーをしたんでしょうか?

彼女が描く動物が好きだったということと、今回は寝室の間仕切りのため閉める時は就寝する時のことが多いので、羊を描いてほしいとオーダーしました。あとは部屋の雰囲気に合わせてお任せしました。

――とっても素敵ですね。大きな絵を飾っているような空間です。

そうなんです。伊倉先生は本当に天才! 夫婦共々、すごく気に入っています。


リネンのカーテンに即興で描いていく伊倉氏

SAHRE on

KEYWORDS

RELATED ARTICLE

池尻に理想の暮らしを実現!<br />店舗用の床?リンゴ農園の箱?リノベ術とは?
仕事と子育て。<br />理想が詰まった一家の住まい。
全室和室の築古マンションをリノベーション!<br />夫婦でつくるモダンなDIYハウス
”壊す”ことで生まれる、未完成のリノベーションハウス
テイストはバラバラでいい。<br />お弁当アーティスト清水洋子さんの好きが詰まった家
高難易度の多趣味カップル同棲!<br />チョイ郊外物件で、こう暮らしてみては?

RANKING

FEATURE

FOLLOW US最新情報をお届け!

RECOMMEND

1B7A7124

丸い家具の角、肌触りの良いラグを敷く理由とは?北欧ベースのモダンな空間