le1210_003
2016-10-07

“マンション選び”=“恋人選び”!?
― 中古マンションを選ぶポイント ―

SAHRE on


マンションは、希望する立地、間取り、予算でタイミング良く建ってくれるとは限りません。希望する条件を満たすような物件を探すのは、なかなか難しいものです。

そんななか、中古マンションを買い、リノベーションをして住む人が最近増えています。多くの場合、新築を買うよりも費用を抑えることができ、自分好みの空間に変えられるというのが魅力です。
買った後に工事をする人も、そのまま住む人も、中古マンションで悩むのが、どんな物件を選ぶかについて。選択の幅が広いからこそ、自分に合った物件を選び抜き、後悔しないようにしたいものです。

購入時のポイントを碧山さんにお聞きして、HowScope編集部が気付いたこととは・・・。

イエコ
リノベして自分の理想のおうちを作れるなんて、ワクワクする!
アイコ
前は中古に対して抵抗があったけれど、最近中古リノベもいいなって思うようになってきたの。コーディネートの幅も広がるしね!



続きを読む

最近では中古マンションでも、あらかじめリノベーションを済ませてから、売られている物件も多くあります。内装が新築並みにキレイになっているのが長所ですが、自分好みに変えたいという人にとっては、工事をやり直すことになってしまうのが欠点です。

ルミコ
リノベ済だと、そのリノベの過程を見れないっていう欠点もあるわ。床下の配管とか目に見えない部分も、きちんと直しているか確認できればいいんだけどね。

買ってから工事をすることが前提であれば、専有部分の「変えやすさ」が大きなポイント。
さらに、キッチンや洗面所などの水回りが固まっていれば、自由に変更できる空間が広くなります。また高さの点でも、階高(上の階までの高さ)が十分に確保されていたり、二重床になっている物件は、床下の配管を組み直せることも。

自分で変えられない共用部分については、築年数や耐震性を含めた、躯体の性能が挙げられます。碧山さんは「『造りがいい』という言い方をしてます。バブル期に建てられたマンションには、しっかりした造りで、古くても良いものもよく見かけます」と解説してくれました。

碧山さん
躯体がしっかりしているかどうかなどは、判断が難しいものです。「買うマンションの候補が絞れたら、私も見に行きますので声を掛けてくださいね」とお客さまに言うこともよくあります。

イエコ
床にビー玉を転がすってのは、どうよ(ドヤッ)
アイコ
それ、失礼でしょ。
ルミコ
それに傾いている原因まではわからないと思うよ。地盤、躯体、単に床材が傾いているだけってこともあるしね。

マンション全体の管理がしっかり行われているかどうかも大切です。大規模修繕がきちんと実施されてきたかという履歴や、日常の清掃などメンテナンスの状況は、きめ細かく確認していきたいところです。

中古マンションを選ぶ際の主なチェック項目(HowScope編集部による)

工事を前提にしている場合 そのまま住む場合
【工事のしやすさ】
・水回りやパイプスペースの配置
・階高が確保されているか
・管理規約による制約の有無
【室内の状態】
・間取り
・キッチン、トイレ、バスルームなどの状態
・壁や床の汚れ、傷み
・電源の位置や数
【マンション本体の性能】
・躯体
・エントランスや階段、廊下などの共用部分
【管理計画】 ・大規模修繕の履歴
・長期修繕計画の有無
・修繕積立金の状況
【管理状況】 ・共用部分の劣化および修繕の状況
・共用部分が清掃されているか
・掲示板やメールボックス
・管理人の滞在時間、人柄
【できれば確認したい点】 ・近隣の住人がどんな人か
・周りの生活時間や騒音
・管理組合の雰囲気
【その他のカテゴリー】(新築の場合も同じ) ・立地や周辺環境(交通アクセス、通勤や通学の便、治安、買い物しやすさ、公共施設など)
・室内(広さ、日当たり、風通しなど)
・設備(電気、ガス、インターネットなど)

碧山さんとお話をして編集部が感じたポイントは、リノベを頼むプロを前もって決めていれば、選ぶ際にも今回のように相談できるということです。
とは言うものの、最終的に決断するのは自分自身です。実際に、購入時のポイントをチェックする方法を見ていきましょう。

設計図や設備といった基本的な情報は、中古マンションを販売する不動産会社などで入手できます。大規模修繕の履歴や今後の計画、管理規約、積立金の状況などについても、管理会社を通じて確認できるはずです。

ルミコ
管理規約によっては、リノベに対する制約もあるところもあるから見ておかないとね。

物件を見学する際には、まず建物の管理状況をチェックしましょう。外壁など共用部分のひび割れや劣化、エントランスや廊下の状態などは、すぐに目に付くと思います。室内の表面的な汚れや傷みについては、そのまま住むのであれば重要ですが、工事をするのなら優先順位は低いでしょう。

周辺環境や設備など、新築マンションと同様に確認すべき点は多いのですが、中古ならではのポイントは“ソフト面”。そこで生活している人がいるからこそ、リアルな情報を得ることができます。

碧山さん
ソフトの部分は住み心地に大きく影響するので、そのマンションの空気感を肌で感じていただければ。

外構や階段などのメンテナンス状況、駐輪場やゴミ置き場の状態、掲示板の様子など、マンションの雰囲気を感じられるところは、たくさんあります。管理人さんと話してみるのも有益です。ありのままの姿を自分で確認して、将来の住み心地をイメージできるのは、中古マンションを選ぶ大きなメリットだと言えるでしょう。

イエコ
マンションの住人は、ある意味“ひとつ屋根の下”で暮らす仲間になるんだもんね。

【イエコのまとめ】

●中古マンションを買って工事するのなら、「変えやすさ」が大切。

●過去の大規模修繕や日常の管理状況もしっかりチェック。

●“ソフト面”を確認して、実際の住み心地をイメージ、空気を感じる。

イエコ
物件探しと恋人探しってなんだか似てるね。外観、内装、周りの環境、乗りかえるタイミング・・・。
アイコ
物件も、恋人も気に入らないところはリノベしちゃえばいいわね。でも、リノベできないところもあるから慎重に選らばなきゃね!

〔講師プロフィール〕

碧山 美樹/2005年に碧山建築設計室を設立。自身の子育ての経験を生かして、家族の変化に対応できる空間を提案している。一級建築士。中央工学校非常勤講師。
プラスエム・アーキテクツ

SAHRE on

KEYWORDS

RELATED ARTICLE

le1211_001
絵画と共に夫婦で暮らす。<br>伊倉真理恵氏のカーテンライブペインティング
「タイニーハウス」と「リノベ実例」に学ぶ<br />―身の丈サイズのシンプルな暮らし―
DSC_9446
リノベの「できる」「できない」(マンション編)<br />― リノベーションに関する小さなギモン ―
お気に入りは「Francfranc」のダイニングテーブル<br />女優やモデルを招いて料理教室も!川口 ゆかりさん

RANKING

FEATURE

FOLLOW US最新情報をお届け!

RECOMMEND

Wondering

本当に建て替えで大丈夫?― 全面リフォーム・リノベ or 建て替え ―