le1206_004
2016-10-03

我が家に「安心」と「快適」を
― 性能について(耐震性・断熱性) ―

SAHRE on




昔に比べて今の住まいは、技術の進歩によって「断熱性」「耐震性」「防犯性」「防音性」といった性能が高まり、とても過ごしやすくなりました。安心や快適をもたらす性能は、毎日の生活にとって重要です。

住まいの性能を高めることは、リフォームやリノベーションの大きな目的の一つでしょう。
なかでも、ニーズが高いと思われる「耐震性」と「断熱性」について、HowScope編集部は注目してみました。

「昔に比べると断熱材の性能は格段に良くなっています。しっかりと断熱工事をすると驚くほど快適になるようですよ」と碧山さんは解説。耐震性に関しては、個々の住宅の現状に左右されるものの、「建てられたのが35年以上前かどうか」が一つの目安になるようです。

アイコ
私の家は大丈夫だけど、ルミコの家は確か築40年を超えていたような・・・。



続きを読む

住まいの性能によって高められる価値には、大きく2つの方向が考えられます。万一のときなどに備えた「安心」。もしくは、住み心地の良さを向上させる「快適」。例えば、断熱性は、屋内の温度を保って快適さを提供する一方で、冷暖房費を抑えて家計への安心も同時にもたらします。耐震性は、快適さを感じることは難しいですが、地震が来ても大丈夫だろうという安心を提供します。

耐震性は、地震大国である日本の家には欠かせない性能だと言えるでしょう。耐震基準の見直しは、大地震がある度に行われてきました。中でも1981年6月に施行された改正(新耐震設計基準)は大きく、同年5月末までに建築確認申請を受けた住宅は、耐震性が不十分であることが多いとされています。

碧山さん
多くの地方自治体では、法改正前の住宅を主な対象として、耐震診断を受け付けています。その診断結果に基づいた耐震補強工事を行うと、補助が受けられる場合も。住居のある自治体の支援制度を確認してみることも大切です。

アイコ
東日本大震災では、津波での被害は大きかったものの、揺れによる被害は、ほぼ同じ震度の阪神淡路大震災に比べて少なかったそうよ。
ルミコ
阪神淡路大震災の後にも法改正があったもんね。

 どこまで性能を高めるかは、コスト等を踏まえてプロとしっかり相談して、まずは日々の安心を確かなものにしたいところです。

高めることができる住まいの性能(HowScope編集部による)

【耐震】 耐力壁の配置
基礎の補強
制震装置
【防犯】 鍵の交換、防犯ガラス、センサーライト
【防火】 防火建材の使用
【防水】 防水シート
【防音】 遮音性の高い建材(床/壁)、防音サッシ
【バリアフリー】 段差の解消、手すりの設置
【断熱】 断熱材の使用(床/壁/天井/屋根)
サッシの交換、内窓の設置、遮熱カーテン
【換気】 24時間換気システム、換気扇の設置
【エネルギー】 オール電化、床暖房
高効率給湯器(エコキュートなど)
太陽熱利用/太陽光発電、家庭用燃料電池(エネファームなど)

家の中の寒さ、暑さに関する悩みを解消するのが、断熱性を高める工事。「断熱は住み心地へとストレートにつながりますね。特に古い家は、床下が土なので、断熱材を入れると底冷えを防いで快適になります」と、碧山さんもそのメリットを語ります。

床や壁などに使用する断熱材は、メーカーが自然素材や樹脂、繊維などさまざまな原料を使って開発し、ひと昔前より性能は格段に高まっています。窓のサッシやガラスを替えるのも効果的です。

碧山さん
断熱材を入れる工事は、壁や床をはがして大がかりになりますが、それだけの効果は十分にあります。

ルミコ
窓の室内側に設置する「内窓」なら、マンションでも手軽に導入できるわよ。

ここで知っておきたいのは、これからの住宅に求められる“省エネ性能”。2020年には、全ての新築住宅を対象に、新しい省エネルギー基準の義務化が予定されています。

国の進める低炭素化社会へ向けてのロードマップ


※「低炭素社会に向けた住まいと住まい方」の推進方策について
(経済産業省・国土交通省・環境省 平成24年7月)より

国のロードマップでは、将来的には全ての住宅でゼロエネルギー化の実現を目指しています。今後も、“省エネ性能”について何らかの動きがあると見込んでおいた方が良いでしょう。

【アイコのまとめ】

●35年以上前の住宅は特に、耐震性を確認すべき。

●国の補助金や、自治体の支援制度も確認した方が良い。

●今後さらに消費者や国から“省エネ性能”が、住まいに求められる。

アイコ
ところで、ルミコの家の耐震性は大丈夫なの?
ルミコ
実は、、下の階の人がリノベしてた時壁を見ちゃったんだよね。
ブロック塀みたいに見えたけど、あれは間仕切りだと思うことにしてる(笑)
アイコ
ルミコの家には遊びに行けそうにないわ・・・(笑)でも、マンションやアパートの耐震工事は躯体に関係してるから、個人で勝手に工事はできないものね。
イエコ
間仕切り?躯体?なになに?

〔講師プロフィール〕

碧山 美樹/2005年に碧山建築設計室を設立。自身の子育ての経験を生かして、家族の変化に対応できる空間を提案している。一級建築士。中央工学校非常勤講師。
プラスエム・アーキテクツ

SAHRE on

KEYWORDS

RELATED ARTICLE

Wondering
どれだけの費用が必要?一戸建て編<br />―リノベーションに関する小さなギモン―
全室和室の築古マンションをリノベーション!<br />夫婦でつくるモダンなDIYハウス
Under Construction Warning Building Architecture Concept
le1211_001
家入門。<br />―玄関の「基本のキ」―

RANKING

FEATURE

FOLLOW US最新情報をお届け!

RECOMMEND

僕らのキッチン-古上正時

料理男子が業務用火力を求めキッチンをリノベーション。男のこだわり厨房とは?