le1201_004
2016-09-16

「暮らしを変える」「今まで通り」どちらを選ぶ?
― リフォームとリノベーションの違い ―

SAHRE on


[今回の講師]
碧山美樹さん(一級建築士、プラスエム・アーキテクツ主宰)

HowScope編集部


イエコ(いつか家を買いたい庶民派妄想女子)


ルミコ(気づいたら現場見習い女子)


住まいの一部を新しくするとき、「リフォーム」「リノベーション」のどちらの言葉で相談したらいいのか、ふと気になるところです。
リノベーションの方がリフォームよりも規模が大きく、コストがかかる印象もあります。実際には、どんな違いがあるのでしょうか?

HowScope編集部は今回、建築家の碧山美樹さんに率直な質問をぶつけてみました。すると、予想を超えた回答が。

「たとえ壁の色を変えるだけでも、暮らしの変化への思いがその人にあれば、リノベーションと言えるかもしれません」


イエコ
なんと!! でもそうすると、私がしているDIYもリノベということ、、、?

続きを読む

ここ十数年でリノベーションが定着し、二つの言葉は混在して使われるようになりました。さまざまな解釈はあるものの、どこからがリフォーム・リノベという境界線はあいまいです。

そもそも、「リフォーム」は和製英語。英語圏では「renovation」の方が用いられていて、リフォーム全般を指しています。日本で「リノベーション」が広く使われだしたのは、住宅の分野でもグローバル化が進んだ影響ともいえるでしょう。


イエコ
ということは、、あれ?結局どっちなの?(笑)

碧山さんは「リフォームは古くなった住まいの“化粧直し”をしますよ、リノベーションは“バージョンアップ”しますよという感覚ですね」と語ります。「リフォームの概念に、水回りを直すとか内装を替えるとかがあって、昔はそれ以上に突っ込んで変えるという意識がなかったのでは」とのこと。

一般的には、「リフォーム」が新築時の状態に近づける“修繕”や“原状回復”、「リノベーション」は建物の性能や価値を高める“改修”“刷新”を指すことが多いです。国の担当省庁もかつて、新築当時とは違う次元に改修することをリノベーションと定義していたそうです。

リフォームとリノベーションの比較(HowScope編集部による)

性能 ★★☆ ★★☆(+α)
費用 ★★☆ ★★★
自由度 ★☆☆ ★★☆
工期 ★☆☆ ★★★
工事規模 ★★☆ ★★★
生活の変化 ★☆☆ ★★★
工事の難易度 ★☆☆ ★★★

リノベーションに含まれるケースは、間取りの変更や、耐震性を高める工事など。比較的大きな規模のリフォームが多くなります。それでは、冒頭の碧山さんの発言「壁の色を変えるのもリノベーション」の真意とは?

「ある意味で厳密に言うとリフォームなのですが、生活をこう変えたいというポジティブな思いや夢があれば、もう『リノベーション』だと思うんですね」と碧山さん。空間を変えたいという前向きな意識を持つことが「リノベーション」につながるという見解です。

碧山さん
モノを入れ替えるだけでなく、その人が本当にしたいことがあれば、「リノベーション」と表現した方が楽しくなりますよね。

それは、家族にライフスタイルの変化を大なり小なりもたらします。「住宅を変えることで、家族に何かいいことが起こるのは、この仕事をやっていて楽しいこと」と碧山さんは語ります。


イエコ
誰だって楽しく素敵な空間にしたい思いはあるはず! じゃあ、もうみんなリノベって言っていいんじゃない?

もちろん、リノベーションが選択肢としてベストというわけではありません。今ある暮らしに愛情を持って、大切に守り続けている方々も多くいます。その場合には、あくまでもリフォームを提案するそうです。


碧山さん
さまざまな価値観の方がおられますから、リノベーションが必ずしもハッピーとは限りません。

施主が変えたいものと変えたくないものをどう見極めるのかは、碧山さんら設計・施工の側から見ても重要なポイントの一つです。


ルミコ
私も、二世帯リノベの時、親世帯のスペースを変化させないよう考えたこともあるわ。

イエコ
そっか・・・変えることがいいこととは限らないもんね。

住み始めたころから積み重ねた思いと、未来の生活でやりたいことや夢。その優先順位や大切さは人それぞれ。家族の思いをしっかりと共有できるプロと出会うことが、リフォーム・リノベーションを成功させるための近道なのかもしれません。

【イエコのまとめ】

●「リフォーム」………… 化粧直し。現状維持や修繕を指す。

●「リノベーション」…… バージョンアップ。新築当時から性能や価値を高める。

●「変えたいもの」と「変えたくない、守りたいもの」の見極めや、リフォーム・リノベに対する思いがキーポイント。


イエコ
まとめてみたけど、結局プロに頼むときは「リフォーム」「リノベ」のどちらでも問題ないってことね。
じゃあ、最近よく耳にする「リペア」って?

〔講師プロフィール〕

碧山 美樹/2005年に碧山建築設計室を設立。自身の子育ての経験を生かして、家族の変化に対応できる空間を提案している。一級建築士。中央工学校非常勤講師。
プラスエム・アーキテクツ

SAHRE on

KEYWORDS

RELATED ARTICLE

le1202_004
le5904_eye
le1213_001
東京での多忙な日々を捨て、沖縄への移住を選んだ編集者の沖縄ライフとは?
le5905_eye
Wondering

RANKING

FEATURE

FOLLOW US最新情報をお届け!

RECOMMEND

IMG_01

東京での多忙な日々を捨て、沖縄への移住を選んだ編集者の沖縄ライフとは?