440848411
2017-03-03

リノベーションのきっかけは?
―リノベーションに関する小さなギモン―

SAHRE on

イエコ
リノベーションを行うきっかけは、人によってさまざまな理由が考えられます。また、時代の変化とともに、その理由も変化しつつあります。ここでは、主な4つのタイプを挙げてみました。

1)新生活スタートタイプ
中古物件を買って、入居する前に新しくしてから住む場合。
例)リノベ済み物件

2)ライフスタイル変化タイプ
住む家族が増えたり減ったり、子供の成長た老化など、主に人的要因によるリノベーション。
例)間取りの変更
  収納の増設
  バリアフリー

3)修理・老朽化対応タイプ
家の老朽化や緊急の故障などの対応に伴う工事。
例)配管の水漏れ
  壁のひび
  ドアの立て付け

4)生活グレードアップタイプ
現在の暮らし方を維持したまま、生活の質を上げるための工事。
例)床暖房
  フローリング
  キッチンの交換

少し前までは、リノベーションという言葉は使われず、多くが「(3)修理・老朽化対応タイプ」のような修繕の延長でした。これは、元の状態に近づけることが主な目的です。しかし、「(1)ライフスタイル変化タイプ」のように結婚や出産、定年退職などに伴う工事、「(2)生活グレードUPタイプ」のように快適な暮らしを目指すリノベーションも増えています。

その中でも、新しい住まいのスタイルと言えるのが「(4)新生活スタートタイプ」。新築を買うよりも安く済む、自由度が高いという理由で、中古物件を選んでリノベーションする人が増えてきています。

アイコ
費用が抑えられて、自分だけの家づくりができるとなれば、人気な理由もわかります。これまでの家選びは、新築か賃貸という2つの選択肢が主でしたが、今後は中古やリノベーションという選択肢も同列に並ぶようになるかもしれませんね。

(HowScope編集部調べ)

PHOTO GALLERY

SAHRE on

KEYWORDS

RELATED ARTICLE

池尻に理想の暮らしを実現!<br />店舗用の床?リンゴ農園の箱?リノベ術とは?
”壊す”ことで生まれる、未完成のリノベーションハウス
家入門。<br />―廊下の「基本のキ」―
yukazai0211_2
家入門。<br />―リビングの「基本のキ」―
やっぱりすごい! 共感と理解からつくられる理想の住まい<br />整理・収納のプロに密着!(3)

RANKING

FEATURE

FOLLOW US最新情報をお届け!

RECOMMEND

IMG_7428

スポーツ、ファッション、アウトドアにも。ライフスタイルを輝かせる日本初上陸のリフレクタースプレー