1B7A7278
2017-08-22

ナチュラルな家具に囲まれた、新婚的ワンルームライフ

SAHRE on

美容室・カフェ オーナー
橋本雄大(ハシモト ユウダイ)さん

代官山の路地裏に構える隠れ家的サロンのオーナーを務める橋本さん。若くして独立し、念願であった美容室を代官山にオープン。さらにはカフェ兼バーも併設するなど、その勢いは現在も加速中。そんな敏腕ぶりを遺憾なく発揮する橋本さんの自宅は、自身が手掛けるカフェやサロンを連想させるようなナチュラルな空間へと仕上がっていた。

――今のお住まいは引っ越されてどのくらいですか?

丸二年ですね。間もなく更新の時期なんですが、更新するか次の場所に引っ越すか悩み中です。

――引越しをしようと思ったきっかけはなんだったのでしょうか?

一昨年に入籍したんですが、そのタイミングで新生活をするなら部屋を借り直そうと話し合っていたんです。それともう少し職場から近い物件が良いかなと思っていたので。

――このエリアに決めた理由はなんですか?

職場からの近さですね。家から職場まで徒歩で3分。忘れ物をしてもすぐに取りに帰れます(笑)。部屋の内装などの条件は正直妥協した部分もあったんですが、街の雰囲気が自分たちのライフスタイルに合っていたのも大きいかもしれないですね。


ワンルームでも寝室とリビングの空間を分けるため、仕切りを設置。これは橋本さん自身のDIYによるもの


ヴィンテージショップで購入したというアメリカの広大な自然を写したランドスケープ写真は額装して飾っている。

――どこを気に入ってこの物件に決めたんですか?

やっぱりロケーションが大きな理由の一つです。あとは窓も大きくて、2面から光が差し込むので、朝とかはとても気持ち良いんですよね。お風呂や洗面台も海外のホテルみたいな造りで奥さんも気に入ってくれたので良かったです。

――結婚をして変わったことはありますか?

仕事とプライベートのバランスがとりやすくなりましたね。友人やお店の仲間、お客さんたちと遊びに行ったり飲みに行くこともありますが、その分家で過ごす時間も作ろうって意識するようになりましたし、なにより家族を大切にするようになったと思いますね。

――橋本さん家ではペットも買われているんですよね? ペットとの暮らしはいかがですか?

今年で5年目なんですが、最高ですよ! 銀っていう名前の猫なんですけど、家で一緒にいるだけで癒されますし、子供みたいな存在ですね。たまにお店に連れて行くと、お客さんも可愛がってくれて、最近ではお店の看板猫みたいになっていますよ!

――猫と一緒に暮らしていて、インテリアなどで気をつけていることなどはありますか?

ドライフラワーとかのグリーンや雑貨などは高さのある棚の上か手の届かない位置に吊るすようにしています。でも、あいにくうちの銀は運動神経が悪いので、そこまでしなくても多分問題はないと思います(笑)。


お祝いなどで頂いた花を奥さんがドライフラワーにアレンジ。


お店も使っているというアラジンのストーブ。橋本さん家のインテリアとの相性も抜群だ。

――普段、ご自宅ではどんなことをして過ごすことが多いですか?

本を読むことが多いですね。基本的にはジャンルレスになんでも読むんですけど、小説か仕事に関係するビジネス本が多いかもしれないです。日当たりが良いのでベランダで時間に追われることなく本を読んでいる時が一番幸せですね。あとは映画を観たりもしますよ。

――インテリアで参考にしていることなどありますか?

最近アメリカに行ってきたんですが、泊まっていたホテルやご飯を食べに行った飲食店の内観はとても参考になりました。次はどんなテイストの家にしようかなとか考えるのって楽しいですよね。


奥さんが管理しているスペースだというキッチン周り。オーガニックな調味料や調理具が綺麗にディスプレイされる。


友人でもあるイラストレーターのYukiさんによる作品。


ファッションへの関心も高い橋本さんは、コンバースかヴァンズのスニーカーがお気に入りなのだとか。


昨年、挙げた結婚式の時に製作した記念のサインボード。

――家具や雑貨などを買う際に意識していることはありますか?

即物的なモノではなくて、長く愛用できるモノを選ぶようにしています。最終的に住む家をイメージしながら買っているので、たまに今の家のインテリアには合わないものもあったりするんですけど、それでも長期的に見れば賢い買い方だと自分に言い聞かせています(笑)。

――現在のお住まいに不満な部分はありますか?

これはやっぱりワンルームなので部屋の数。そこを納得して住んではいるのですが、最近はインテリアを楽しむならもう少し広くて部屋数の多い家も良いなと思うようになってきました。

――住まいについて、今後アップデートしたいところはありますか?

次は脱シンプルな空間を目指したいですね。例えば西海岸テイストでヴィンテージのアメリカンな家具を取り入れたり、サーフや海を感じる雑貨なども置きたいなって考えています。あとは日本の文化を感じさせる器や陶器とかも興味あるので、そういった色んなテイストがミックスされた空間を作れたら最高ですね。


海外へ行った際に購入したというヴィンテージのアメリカのマップやポストカード、ポスターなど。
こうしたモノから仕事やインテリア、次の旅行先のイメージの参考にしているのだとか

PHOTO GALLERY

SAHRE on

KEYWORDS

RELATED ARTICLE

高難易度の多趣味カップル同棲!<br />チョイ郊外物件で、こう暮らしてみては?
お気に入りは「Francfranc」のダイニングテーブル<br />女優やモデルを招いて料理教室も!川口 ゆかりさん
ゆらり、極上のハンモックスタイル
デザイン力と職人力。夫婦でつくり上げた白が基調のインダストリアルハウス
丸い家具の角、肌触りの良いラグを敷く理由とは?<br />北欧ベースのモダンな空間
家具から思い描くリノベーション。インテリア好きならではのこだわりとは?

RANKING

FEATURE

FOLLOW US最新情報をお届け!

RECOMMEND

skri_04

オンオフのスイッチは掃除のしやすさ?色彩心理学から考えるモノトーン空間