Howscope

MODEL CASE

発想を刺激する、事例集。

2つの住居を1つに

株式会社アレックス リフォーム・リノベーション

既存の2つの住居を1つの住居として快適な空間になるようプランニング致しました。設備や機能性の面からは、断熱性能を向上するため充填材を吹き付け、収納スペースも多く取り入れることにより、住居の中にデッドスペースをなるべく作らないよう計画しました。リビングは間仕切りをなくし、全体的に白を基調とすることで明るい空間を目指しました。床材には暖か味を感じるフローリングと無機質の大理石調の異なる材質を採用するなど、所々にアクセントを取り入れることで空間に変化を持たせています。機能とデザイン性のバランスの取れた住空間になりました。

【キッチン】
CUCINAのオーダーキッチンを採用しました。面材はホワイトカラーを選択しリビングのインテリアとイメージを統一しました。レンジフード脇の壁はアクセントとしてガラスモザイクタイルで仕上げています。透明なガラスの美しさを際立たせ、クールな印象を持つ空間としました。対面カウンターを取り入れたことにより、キッチンに立ちながら、常にお子様の様子も伺えるようになり、また、ダイニング・リビングへと視線が抜けるようになり、広々とした空間になりました。

【リビング】
床材はウッドテックのブラックチェリーを採用致しました。時が経るほどに深みのある色合いへと変化していくのも楽しめるフローリングです。 また、アクセントとして白色のタイルも致しました。壁は汚れが落ち易いクロス、天井は匂いを吸収するクロスを貼り、テレビの背面には調湿効果のあるエコカラットを貼り、機能性にも配慮した空間となっています。部屋中央のダイニングテーブルには、調色が行えるパナソニックのペンダントライトを採用致しました。これにより昼白色によるシンプルさと電球色による落ち着いた雰囲気の空間を演出できます。

ご夫婦とお子様1人の3人家族。
お子様の誕生を機に手狭になった家から転居を考えていたご夫婦。将来的にご両親の手助けをしたいと思い、ご実家の近くの家の元々住んでいた部屋と隣接する住居を一つにして、広い空間にリフォームしようと考えました。

箇所

キッチンリビング玄関収納浴室ダイニング廊下トイレ洋室階段和室

費用概要

明細金額
解体、電気、建具、配管、フローリング、タイル 1,100万円
ユニットバス、システムキッチン、洗面台、トイレ、エアコン、床暖、給湯 600万円
照明、ブラインド、カーテン 100万円
ウッドデッキ、サッシ 300万円
TOTAL 2,100万円

関連事例